サイトメニュー

クリニックに行く前に

女医

活用方法や知識を入れる

ボトックスを利用して小顔にしたい願望がある女性は多いですが、だからと言って自分でなかなか行うことはできません。もちろん体重を減らすことにより脂肪を落とし結果的に小顔にすることができるでしょう。ですが、だれもがそのような方法で顔を小さくできるわけではなく、えらがある人などは体重を落としたとしてもその部分が小さくなりません。そこで、クリニックを利用してボトックスの注射をするのがよいでしょう。この点に関しては、骨格などで注射してもあまり意味がないと述べる人もいます。確かに、骨が出ている場合には筋肉を縮小させるボトックスは意味がないです。しかし、実際にはえらの部分の多くは筋肉でできています。人間は、食べ物を食べる時にあごの筋肉で咀嚼しますが、このとき活躍している筋肉の一つが咬筋と呼ばれるものです。咬筋が発達すると、えらが目立つようになりますのでこれを注射によって縮小させていくのがボトックスを注入する目的になります。ちなみに、医者によってはえらの9割以上が骨ではなく咬筋と述べる人もいるぐらいです。このように考えれば、ボトックスを打つことにより結果的に顔が小さくなることが理解できるでしょう。このような目的で、クリニックを利用すれば自分の希望している顔に近づくことができます。それ以外の利用目的としては、カウンセリングでプロの意見を聞くことができる点でしょう。自分にとって大きな悩みごとですが、プロの意見を聞くことで実は自分の悩み自体が大した悩みではなかったことが理解できるはずです。小顔にするためにボトックスを注入する場合には、あらかじめ知識を入れておくことで安心感を得ることができます。安心感を覚えるために知っておきたいことは、痛みが伴うかどうかといったことです。一昔前は、メスを入れてえらの一部を切除していましたのでそれなりに痛みが伴うことが少なくありませんでした。もちろん手術をしている最中は麻酔をかけていますので痛みませんが、ダウンタイムの時に腫れが出てしまい痛みが出ることが考えられます。ですが、小顔にするためにボトックスの治療が一般的になってからはダウンタイムも余りありませんし、そもそもそこまで腫れたり痛みが伴ったりするようなこともありません。また、施術を施している最中も、しびれ薬などを塗ったり同時に温めることと冷やすことを繰り返したりするためあまり痛まないのがポイントになります。ちなみにどれぐらいの痛みかといえば、インフルエンザの注射をした程度の痛みになりますので、大したことはありません。6歳ぐらいの子供でも耐えることができる痛みですので、大人ならなおさら耐えることができるはずです。事前に痛みに関する知識をしておくことで、安心して手術を受けることができます。後は、施術をするのにどれぐらいの時間がかかるかも知っておくとよいです。たいていの場合は、その日だけで施術が終わってしまいます。しかも、何時間もかかるわけではなく 10分程度で終わりますのでわざわざ会社を休む必要がありません。クリニックの営業時間の中で予定があえば、仕事が終わってからクリニックに立ち寄り小顔のボトックスを入れることも可能になります。

骨を削らずすっきりと変身

医者

エラ部分を改善して小顔をつくりたい人におすすめするのがボトックス注射です。施術を受けることでエラの張りを抑えて小顔効果を手に入れることが出来るでしょう。メスなしでその効果を実感することが出来るので手軽に小顔にたい人におすすめです。

詳しく見る

メスなしで顔を小さく

注射器

ボトックス注射は手軽に小顔を手に入れることが出来る優れた施術です。注射器だけの簡単な施術なのに、メスを使った様な効果を3週間程度で実感することが出来るのでおすすめです。小顔になりたいと考えている人はボトックス注射を検討してみましょう。

詳しく見る

咬筋を弛緩させる効果

鏡を見る婦人

エラの筋肉が発達している人は、顔が大きく見えてしまうので、美容外科のクリニックでボトックス注射の施術を受けたい人が増えています。エラの咬筋を萎縮させる働きがあるので、すっきりした小顔になりたい人にお勧めです。

詳しく見る

Copyright© 2019 綺麗な人になろう【小顔にするためにボトックスを注入する】 All Rights Reserved.